忙しい建設業界

施工管理者が全般的に不足している

建設業界は超繁忙状況が続いており、工事現場では専門業者も施工管理者もいずれも不足しています。建設業界はバブル崩壊後に長く続いた建設不況の影響で専門業者にしても施工管理者にしても大幅に減少しました。一時的に忙しくなることもありましたが、派遣を活用して凌ぐことが出来ました。施工管理者になるためには一定の公的な資格が必要です。当初は建築士や技術士の資格が求められておりましたが、試験が難しいということもあり、建築にも土木にも施工管理技士の資格を設けました。建設業法では一定の請負金額以上の工事においては公的資格を保有している施工管理者も常駐させなければならないと決められておりますので、施工管理者の資格は重要です。

今後も派遣の重要性は増加する

建設業界は景気変動の波を受けやすい業界です。したがって忙しい時には派遣会社に依頼して公的資格を保有している施工管理者の派遣を要請しています。バブル崩壊後の大幅な人員削減により企業業績は改善しておりますが、人材の不足については解決を見せておりません。現在の超繁忙状況を踏まえて新卒採用人数の増加を図っておりますが、施工管理者として現場に常駐を認められるためには一定の実務経験が必要になっています。もちろん現場の管理を学びながら資格試験の準備を行って合格すればすぐにでも一本立ちして現場管理をすることを期待されているわけですが、今すぐというわけにはいきませんので当面は派遣に頼らなければならないのが実情です。