幼児教室に通わせたい【安心できるところ見つけよう】

記事一覧

幼児期に英語で学ぶ事

英語

幼児期における英語教育

プリスクールとは、英語で教育を行う幼児教育施設です。0歳から通う事もでき、教員や外国人スタッフ等も含め英語を基本言語として生活していきます。幼児教育において多様なニーズに応えたカリキュラムを用意しているプリスクールも多く、英語を基本言語として学ぶプレ幼稚園のような立ち位置になります。プリスクールは英語を単なる外国語として学ぶのではなく、英語環境の中で様々な事を学び、自然な英語に慣れ英語で考えたり自己表現できるようになる事を目的としています。また、外国の文化や慣習を学び国際色豊かな人間性を育てることも主眼になっています。三つ子の魂百までということわざがありますが、実際に耳からの刺激に脳が反応する機能が完成する時期は2歳前後だと言われています。つまりこの時期に、耳から刺激を受けると言葉も吸収しやすくなっていきます。脳が柔軟に新しい言語に対応できる時期は幼少期であり、この時期を逃すとネイティブスピーカーのような語学力を身に付ける事は難しくなっていきます。プリスクール出身の子供達は、個人差はありますが純粋なリスニング力と発音力を持っていますので、英語に対する苦手意識が無く得意科目にしている場合が多いです。プリスクールは語学の他にも様々なカリキュラムがあり、異文化コミュニケーション等も同時に学びますので、語学力だけではなく人間としても成長し次のステップである小学校生活にもしっかりと繋がっていきます。